2018/05/10

”我”を忘れて夢中になれること

 

この記事を書いている人 - WRITER -
整体師・エステティシャン・健康管理士。1981年春うまれ、心と体の素晴らしさを伝えるボディコンサルタント。解剖生理学的な知識だけではなく 心理学・脳科学などの知識も活かし、さまざまな角度から "心と体 双方の 美と健康" にアプローチしている。著書『人生を変えるボディケア!』Amazon.co.jp・楽天booksなどで販売中。(電子書籍もあり)

 

あけましておめでとうございます。
秋元美輝です。

今年は喪中だったこともあり、初詣に行くでもなく、のんびり過ごしたお正月休み。
時間もあるし三が日の内にはご挨拶のblogを書こう!と思いながらも、娘の「おかあしゃん、もうおわった?」攻撃が5分おきに。
その舌足らずなしゃべりかた、ズルい!笑

仕方なく ゆっくりさせて頂いたお陰で(?)、早く施術がしたくてうずうずしながら 仕事はじめを迎えることができました♫
年始から、たくさんのご来店ありがとうございました。

 

blogでのご挨拶がすっかり遅れてしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。

2017年最初のblogということで
月並みですが、昨年の振り返り・今年の目標を 書かせて頂きたいと思います。

 

昨年の振り返り

とあるママ向けのイベントで出会った友人たちのお陰で、母親になってからすっかり自分の世界を守りたいモードに入っていた私が、「自分の枠を広げて色んなことにチャレンジしたい!」と思えるようになった、2015年。

その流れを受けて
・自分の個性や強みを知ること
・自分がどういうことに行動力が湧くのか?の再確認
をしながら、今後の人生の方向性を探るために試行錯誤した1年でした。

試行錯誤というだけあって、アップダウンはものすごく激しかったけど(汗
お陰さまで出版のお話なども頂き、貴重な経験をさせて頂くことができました。

書籍の情報はこちら
https://theory-plus.com/book/

1冊の本を書くという経験を通して得たもの

「色んなことにチャレンジしたい!」という意欲がどんどん湧いてきて、脳内がお花畑だった2016年春頃・・・
・100名規模のセミナーを開催したい
・雑誌・webなどのメディアに出たい
なんていう大それた目標を明記した名刺まで作ってしまった私(笑)

その直後に突如【執筆依頼】というタイトルのメールを(全く面識のない)出版社の担当の方から頂いたことで、「めっちゃ引き寄せ強いかも!」と、さらに調子に乗っておりました。

 

しかし、執筆しながら “これでもか!” というほど自分に向き合いつつ、感じていたことは
新しい何かにチャレンジするよりも、自分が好きなこと・夢中になれることをもっと突き詰めたい気持ちが勝っている
本を出すことでステータスが変化するのを期待している訳ではなく、自分の思いや理念を伝えるツールを持てたことが喜びなんだな
ということでした。

そこで色々冷静になり、目が覚めたのです。
加えて、3年くらい寿命縮まったんじゃないか?と思うくらいの生みの苦しみを味わい、燃え尽き症候群のようになってしまった(笑)

 

好きなこと・無我夢中になれること

私が好きなこと・無我夢中になれることと言えば——やっぱり、施術なんですよね。

ちょっと不思議ちゃん発言で恐縮ですが・・・
お体を触らせて頂いている時に、自分が何かの媒体になっている感覚になることがあるんです。

自分が施術してるんだけど、自分の意思で動いてるんじゃない、みたいな。
魂が震えるような感覚を、おぼえる瞬間がある。
すると自然に、お客さまや色んなものへの感謝が湧き溢れてきて、とてつもなく幸せな気持ちになれるんです。

そして——文章を書いている時にも、そういう瞬間がやってくるときがある。
私が書いてるんだけど、自分で考えて書いてるんじゃなくて、「降りてきた」みたいな(笑)
この時も、やっぱり幸せに包まれて・・・気付いたら 泣いてたりする。
(傍から見ると痛い人でしかない)

 

“我”を忘れて夢中になれるくらい、好きなこと——
人には伝わりにくいかもしれないけど、私は この感覚を何よりも大切にしたいんだ

そう、自分自身で 認めてあげることができました。

 

思えば、開業1年目の私は

毎日の施術や、自分の思いをblogに書くことで、日々とてつもない幸せに包まれていました。

ぶっちゃけ、施術しながら(バレないように)感極まって泣いてる時もよくあったし(笑)
お客さまに必要として頂けることが嬉しくて嬉しくて、感謝の気持ちが 常に心の真ん中にあった。

といっても、それを言葉にして伝えたりできるタイプではないのですが・・・
不思議なもので、そういうのってお客さまにも伝わるのかな?

心を込めて作ったHPと 感謝しながら綴るblogだけで、お客さまが次々来て下さり 何度も通って下さり
ありえないようなお褒めの言葉を下さる——

開業1年目で知識も技術も 今と比べたら全然だったし、経営のことなんてまともに学んだことがなかったし、広告費なんてかけたこともなかったけど、あの頃がお店も1番忙しかった。

知識や技術・経営ノウハウなどの”スキル”を学ぶことも必要かもしれないけど・・・
それを積み上げる土台としての自分の”在り方”がどうなのかということが、やはり一番大切なんですよね。

頭ではわかっていても出来ていなかったことを、身をもって学んだ1年でした。

 

2017年の目標

昨年、そんな気付きを得て感じたことは—— “ただ 初心に戻ろう” ということ。
去年のお正月にも同じことを書いた気がしますが、今回はものすごく実感が伴っています(笑)

初心を大切にした上で、知識・技術の向上にも今まで以上に意識を向ける1年にしたいと思っています。
そうして、好きなことを追求しながら、結果的に 自分の世界が広がっていったらいいなぁ。

 

それから、いい加減、管理不行き届きの体も何とかしたい!笑

以前、夫相手に「前みたいに自己管理できなくなってきてん。なんでやろー?」とふと呟いた時に、こう言われたことがあるんです。
「自分が綺麗じゃなくても、仕事できると思ってるんじゃない?」

文字にするとキツい一言に見えるかもしれませんが・・・
本当に図星だと思ったし、その時の私に一番必要な言葉で、はっとして反省しました。

 

私自身がまず自分の体を大切にできていなくて、お客さまのお体を大切にできるわけがない。
私自身の美意識が低いのに、お客さまの美意識を刺激することなんて できるわけがない。

自分の体を大切にし 意識を高く保っておくことは、お客さまに対する 礼儀であり敬意。
それを体現できるよう、自己管理にも努めます。

 

自分の枠を広げるためには

“まぁいっか” と思えるようになることも大切だと知って、2016年は意識的にそういう選択をすることも多かったのですが。
そうすることで 自分の長所である “ストイックさ” が失われてしまっているのだとしたら
それは自分の枠が広がっているのではなくただの甘えなんだと 気付くことができました。

私は ただ、無我夢中で目の前のことに取り組み、いつも意識の高い自分で居る。
何かを掴もうとして 焦って自分から動き回るのではなく
私の心を感じ取ってくださった方が、私を必要として下さることを願い——

1本 芯の通った、それでいて柔軟な自分で居ることを
2017年の目標とします。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 


 最後までお読みくださり、ありがとうございました :)thanks

 

この記事を書いている人 - WRITER -
整体師・エステティシャン・健康管理士。1981年春うまれ、心と体の素晴らしさを伝えるボディコンサルタント。解剖生理学的な知識だけではなく 心理学・脳科学などの知識も活かし、さまざまな角度から "心と体 双方の 美と健康" にアプローチしている。著書『人生を変えるボディケア!』Amazon.co.jp・楽天booksなどで販売中。(電子書籍もあり)

Copyright© 【結果にこだわる】大阪市北区・南森町&大阪天満宮駅すぐのプライベートサロン【total care salon theory+】 インディバ・美容整体・脳デトックスで、お悩みの"原因"にアプローチして根本改善に導くエステ・ボディケアサロンです。 , 2017 All Rights Reserved.